債務整理を試してガッテン

債務整理とは

1000xauto-16022

債務整理とは、あなたのように借金問題で苦しんでいる方が抱える借金を減らすことによって、重い金銭的な負担から解放されるための手続きです。

借金で苦しんでいるのは、あなただけでなく、現在の日本には、200~300万人もの人が借金問題で悩んでいるといわれています。

実は、借金がどれほど大きな額になろうとも、法律を使って整理できない借金はありません

しかし、法律家に相談して借金を整理する人は少なく、借金問題で苦しむ人の中には、夜逃げや自殺される方が多いのも残念ですが事実です。

そこで、借金で苦しんでいるあなたには、お一人で悩まずに、まずは法律家に相談することをお勧めします。

無料相談はこちら

【債務整理の種類】

saimuseiri11

債務整理には、次の4種類の方法があります。
・過払い金返還請求
・任意整理
・自己破産
・個人再生

それぞれの方法には、メリットとデメリットがあるので注意が必要です。

<過払い金返還請求>
メリット
・弁護士や司法書士が裁判所を通さずに貸金業者と交渉するため、周囲に知られることなく債務整理を行うことができます。
・過払い金返還請求をすることを理由に信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されることはありません。
・払いすぎた利息が返ってくる可能性があります。

デメリット

・過払い金返還請求の請求先である貸金業者からは、今後、借金できなくなる可能性があります。

<任意整理>
メリット
・弁護士や司法書士が裁判所を通さずに貸金業者と交渉するため、周囲に知られることなく債務整理を行うことができます。
・貸金業者からの督促を止めることができます。
・重い金利負担となるような将来利息が免除されます。
・自己破産や個人再生のように官報に掲載されることはありません。
・自己破産のように職業制限や資格制限はありません。
・自己破産や個人再生のように全ての貸金業者ではなく、特定の貸金業者を除いて手続きを行うことが可能です。
・過払い金が発生している場合、その過払い金を臨時収入や借金減額にあてることができます。

デメリット

・5年程度は信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されるため、その間は、新規の借入れ、クレジットカード、ローンを利用することができなくなります。
・任意整理は、貸金業者との話し合いで借金を減額する手続きであるため、まれに貸金業者との和解が成立しない場合があります。

<自己破産>
メリット
・滞納税金などを除いて、借金が免除されます。
・客観的に支払いが困難であれば手続きが可能です。
・自己破産の申立てによって、貸金業者からの督促が止まります。

デメリット

・10年程度は信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されるため、その間は、新規の借入れ、クレジットカード、ローンを利用することができなくなります。
・原則20万円以上の資産を処分する必要があります。
・3ヶ月から半年程度、一部の職業に就けなくなります。
・状況によっては借金が免除されない場合があります。
・官報に掲載されます。

<個人再生>
メリット
・自宅や自動車など20万円以上の資産を処分することなく手続きが可能です。
・借金を大幅に減額することができます。
・自己破産のような資格に制限はありません。
・自己破産と異なり、ギャンブルや浪費が原因であっても手続きが可能です。
・個人再生の申立てによって、貸金業者からの督促が止まります。

デメリット

・10年程度は信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されるため、その間は、新規の借入れ、クレジットカード、ローンを利用することができなくなります。
・官報に掲載されます。
・手続きが複雑であるため、費用や時間が掛かります。
・任意整理のように、特定の貸金業者を除いて手続きを行うことができません。

どのような債務整理の方法が、あなたに合っているのか、まずは法律家に相談することをお勧めします。

無料相談はこちら

【借金相談は弁護士or司法書士?】

1000xauto-16935

借金相談の相手は、「弁護士」「司法書士」
どちらの専門家にも依頼することができます。

そのため、弁護士に借金相談するのと、司法書士に借金相談するのと、
どちらがいいのか、悩みますよね。

その答えは、「弁護士」と「司法書士」が
それぞれどのような専門家であるのかを
理解すれば分かってきます。

まず、「弁護士」についてですが、弁護士は、法律や裁判の専門家です。

法律全般の専門家である弁護士は、債務整理にあたって
任意整理、過払い金、個人再生、自己破産などを含めて
債権者や裁判所とのやり取りを
あなたに代わって全面的にサポート

することができます。

次に、「司法書士」についてですが、司法書士は、本来、不動産や法人の登記を行ったり、裁判所に提出する書類を作成する専門家です。

そのため、司法書士は、本来、法律相談や交渉、訴訟を行うことができませんでした。

しかし、2003年以降、司法書士のうち認定を受けた認定司法書士であれば、簡易裁判所で取り扱うことができる総債権額140万円以下である場合に限って、法律相談や交渉、訴訟を行うことができるようになっています。

裏を返せば、司法書士が代理人としてサポートできる債務整理は、総債権額140万円以下に限られます

さらに、司法書士は、管轄が地方裁判所となる個人再生や自己破産を代理人としてサポートすることができません

ここまでの説明でお分かりのように、弁護士であれば、債務整理の問題に全面的にあなたをサポートできます。

これに対して、司法書士(もちろん認定司法書士)の場合には、債務整理を処理する上で、どうしても超えられない法律上の制限があります。

したがって、結論としては、「借金相談は弁護士に!」となります。

弁護士の無料相談はこちら

借金相談おすすめランキング

  • 1
  • リヴラ総合法律事務所
リヴラ総合法律事務所

  • 相談無料
  • 費用の分割OK!
  • 24時間・土日夜間も受付対応OK!
  • 女性スタッフ対応の安心受付!

ポイント1 相談だけであれば無料 ポイント2 相談後の費用は分割可能
ポイント3 24時間いつでも相談可能 ポイント4 女性スタッフによる安心対応
ココがすごい! 相談後も費用を分割できるので、まとまったお金が無くても安心です。

リヴラ総合法律事務所では、借金問題が得意な弁護士と女性スタッフが借金問題を解決します。リヴラ総合法律事務所の依頼者の85%以上が解決結果に「相談して良かった」と満足されています。

> 公式サイトはコチラ

  • 2
  • サルート法律事務所
サルート法律事務所

  • いつでも!何度でも!無料で借金相談ができる!
  • 家族や知人に内緒にしたまま借金相談&債務整理が可能!
  • 日本全国どこからの借金相談にも真摯に対応
  • なんといっても経験豊富なベテラン弁護士の安心感

ポイント1 何度でも相談無料 ポイント2 家族にも秘密厳守
ポイント3 もちろん全国対応 ポイント4 ベテラン弁護士が対応
ココがすごい! ベテラン弁護士に無料で何度でも借金相談が可能!

サルート法律事務所は、迅速な対応と粘り強い交渉によって、依頼者に有利な条件を引き出して借金問題を解決することで注目を集めています。
30年以上にわたって借金問題に携わってきたベテラン弁護士が、豊富な経験と実績に基づいて、あたなにとって最善の解決方法を分かりやすく提案してくれます。

> 公式サイトはコチラ

  • 3
  • 樋口総合法律事務所
樋口総合法律事務所

  • 受任後の素早い対応で、すぐに督促ストップが可能
  • 初期費用0円なので、手持ちがなくても安心
  • 365日24時間で無料相談を受け付けているため、忙しくても安心
  • 全国対応なので、どこに住んでいても安心

ポイント1 すぐに督促ストップ ポイント2 初期費用0円
ポイント3 365日24時間の無料相談 ポイント4 全国対応
ココがすごい! 借金の督促をすぐにSTOPすることも可能です。さらに、相談料0円、初期費用0円&分割払いも可能なので、手持ちがなくても安心です。


樋口総合法務事務所では、受任後すぐに介入通知書を業者に送付することで、借金の督促をSTOPすることも可能です。
さらに、樋口総合法務事務所では、相談料0円のほか、初期費用も0円ですので、手持ちがなくても安心です。また、費用の分割払いにも対応しています。

> 公式サイトはコチラ

最新記事